地方から就職のために都会にきていよいよ一人で暮らし始めようとした時のこと

地方から就職のために都会にきていよいよ一人で暮らし始めようとした時のことですが、部屋に持ってくる荷物が少なくて、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。荷物の総量がなんとダンボール7個か8個でしたし、引っ越し業者の利用よりもかなり安くついたはずです。ある種の生活必需品、たとえば布団とかは買って済まそうとしていました。ですから荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、普通は一個ずつ底から包みますが、包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方が衝撃を和らげてくれます。また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、その部分だけを先に包んでしまいましょう。何かをサービスを受けてチップを出す、という習慣は、かなり馴染みのないものですが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人は大半です。素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達にお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。こういったことをする必要は、本来全くないのですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしても正直なところありがたい、と思うそうです。特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、傷つきやすい木製家具や衝撃で壊れやすい家電には傷がつかないような工夫をしたいところです。せっかくの新居ということで手に入れた大型家具などでしたら、市販の緩衝材などもふんだんに使って用心深く運ぶようにしたいものです。新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。しかし、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、少し気分が落ち込んでしまうかもしれません。春や秋は、一年のうちで一番引っ越しが行われるシーズンです。この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことがその理由です。引っ越しは大変面倒臭いものだと耳にすることもありますが、各種の手続きが煩雑であるということが指摘できるようです。電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画を立てて作業をこなしていく必要があります。自家用車も一緒に引っ越しする場合、車も住所変更の届を出さなくてはなりません。ナンバープレートが変わることについては気にする方もいるでしょう。ナンバープレートに関して、変わるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならナンバーは変わらなくなります。管轄が違う地域に引っ越すのであれば、指示に従ってナンバープレートを変えてください。賃貸物件から引っ越す際、退去時の原状回復義務はつきものですが、経年劣化も考慮しなくてはなりません。入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用は入居者持ちとなるわけですが、日焼けなど、避けられない変化は入居者の費用負担で直す必要はありません。賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのが次に住む人のため、そして自分のためなのです。引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。取り付けも取り外しも、素人には難しく、専門業者に工事してもらうのが普通ですから、エアコン取り付け工事一台に大体一万円はかかるそうです。エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているなら概ね安く済むはずですけれど、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々よく考えてから、判断しましょう。どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。当然、計画通りに進められるのなら一番ですが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。余裕を持った引っ越し計画を立てておいたら、計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのが引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。結構見落とされることが多く、これで引っ越し完了と思ったところで、インターネットが使えなくて青ざめる、そういう話は実際にあるのです。引っ越しが多い時期だと工事が数週間待ちという話もよく聞きます。いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも一日でも早く行うべきです。引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水道は、とにかく水洗トイレが使えるようになりますし最重要項目の一つでしょう。水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からが便利かというと、事と次第によるものの、引っ越し日に近いと、あまりに多忙でしょうから避けて念を入れて、引っ越し当日の一週間程前に使用できるようにしておけば、それで良いと思われます。引っ越し業者の費用の相場は、引っ越しの内容が変わらなくても時期による変動は必ずあります。特に、年度末や夏、冬の休みでは引っ越しの依頼が多いので、どの業者も高めの料金設定になっています。時期が選べれば閑散期に引っ越すようにすると相対的にお得な引っ越しができることになります。費用の差が倍近くになる業者もあります。新居に引っ越し荷物を運んでくる時に置く場所をあまり自由にできない家電と言えばなによりも、洗濯機ではないでしょうか。洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、水道の近くに置くことになります。そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、また、排水溝のトラブルで簡単に水漏れが起こる可能性も考えられ、部屋の換気に気を配ったり、水漏れの対策はしっかり行うようにします。荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、当日慌てる羽目になることもあるようです。引っ越しの前日までに、忘れず冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば準備完了です。当然ながら、生ものや氷は、引っ越し前日までになくなるようにして、購入するのも計画的にして、しばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。けっこう多くの世帯で、引っ越すときに様々な側面から、生活そのものを改めて考え直すものですが、漫然と支払っているNHK受信料も考えるきっかけになります。最近では、引っ越し先にテレビがないケースもあるでしょう。受信料を払い続けることはお金の無駄なので、受信料が引き落とされているならそれを止め、NHKに解約手続きを申し込む手続きを、やってみる価値はあります。毎日快適に生活するために必要な環境は、住居の中だけだと思ったら大間違いです。良好なご近所関係も住環境の一部です。住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶をその日のうちに済ませるべきです。ちょっとした手土産を携えて訪問することを忘れないでください。簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、とにかく好印象を与えるよう努めましょう。はじめの印象は、後々までの人間関係を決めるものです。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、よく知られた存在になりました。一般家庭の引っ越しを扱う業者は、何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたという先入観がありました。しかし、最近は運送会社がどんどん一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは言いきったりすることはできないものの、ただ、管理人の印象は、かなり良くなるはずですから、敷金返還のことなどについて良い風に、影響が出ることも考えられます。お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや大きめの破損については、放置がベターです。無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。転居すると、あちこちに届け出をして使い続けるために、変更することになるものもあります。代表的なのは固定の電話番号です。引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておいてください。NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら電話番号の変更はありません。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、直接見てもらうことが難しければ電話でおおよその荷物の量を説明するといくらくらいかを教えてもらえます。他の業者はいくらだったというと他より安い値段で引き受けてくれることもありますから時間が許せば5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。
横浜市 引越し 見積もり

カテゴリー: 引っ越し パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です